ママライフ

パパにも育児に参加してもらおう!休日を家族で楽しむポイント!

パパさん、育児しておりますか?
ママさん、ワンオペ育児になっていませんか?

「イクメン」という言葉が生まれるぐらいなので、「父親も育児に参加する」というのは昔に比べると浸透してきたのかもしれませんね。

それに反し「ワンオペ育児」という言葉もメディアで取り上げられるようになりました。

私の旦那さんは基本土日が仕事休み。
毎日仕事から帰ってきて「育児に参加してください」というのは現実的になかなか厳しいです。
しかし休みの日ぐらい育児に協力してほしい。

パパにも育児に参加してもらえる方法をまとめていきます。

パパにどんな育児をしてほしいのか

みなさんはどうしてパパに育児をしてほしいのでしょうか?

・2人の子どもなんだから関心をもってほしい
・体力的に限界だから協力してほしい
・育児の辛さ大変さを分かってほしい

これらは似ているようで全く違います。

まずは自分自身がなぜパパに育児の参加を求めているのか理解し、それを元にやってもらいたい事を考えます。

もっと子どもに関心を持ってもらいたいママ
してほしい育児は、子どもに関する事でしょう。
オムツを替えたり、お風呂に入れたり、寝かしつけをしたり、遊んであげたり

しかし体力的に限界のママはどうでしょうか。

パパが自分自身で食事の用意をしたら?洗濯物を畳んでくれたら?
子どもに関する事でなくても家事を変わってもらうだけで時間に余裕が生まれます。

育児の辛さを分かってもらいたいならパパの休日に家事育児全てをお願いする方法もあるだろうし、
はたまた育児の辛さを聞いてもらうだけで良いという人もいます。

育児という言葉にとらわれず、いま自分がしてほしい事を考え理解し伝える事が大切です。

何をすれば良いのか分からないパパ多数

私の旦那さんもそうでしたが、何をすれば良いか分からないパパが多いようです。

何いってんのよ、見れば分かるでしょ

という言葉が聞こえてきそうですが、実際そんなパパは多いのだと思います。

なのでいま自分がしてほしい事を伝えるという事が大切になってくるのです。

「少しは育児をやってよ!!!」

つい言ってしまいそうなフレーズですが、この言葉ではパパを育児に参加させるには不十分なのです。

パパが育児に参加するポイント

f:id:mainichiwarau:20190226091843j:plain
ママが何をしてほしいか理解したところで、パパが動いてくれないと意味がありません。
パパも巻き込んで育児を乗り切りましょう!

その1 ママが頑張りすぎない

ママが頑張るしかないのよ!」という気持ちは良く分かります。
しかし、パパがいる前だけでも力を抜いてみてください。

完璧なママほどパパは手を出せないものです。

「どうして寝かしつけている間に部屋を片づけてくれないんだろう!!」
「なんでお風呂に入れている間に食器も洗えないんだろう!!」

すごくモヤモヤしますよね・・・。
結局私も少し怒った顔で食器を洗っていました。

しかし残念ですが、やったほうが良いという事に気がついていない事があります。

何もしてくれない!とイライラする前に、口に出して協力を要請しましょう。

その2 厳しく指導しすぎない

「そんなのじゃダメだよ」「全然ダメだね~」
このような感じでパパの育児に厳しくないですか?

仕事場の上司に厳しく怒られても簡単に辞めることは出来ないのが現状です。
同僚、家族、もちろん金銭的な事など思いとどまる要素が豊富にあるからです。

しかし育児となると違います。

やらなくてもママがしてくれるという逃げ場があります。
そのため厳しく子どものお世話について指導されていると育児参加からどんどん遠のいていきます。

なのでママは見守る力が必要です。

ママとパパでは育児に費やした時間が違います。
危険な事がなければアドバイス程度にしておき、パパの育児を尊重してみましょう。

家族で楽しく出かけたい

出産した頃子供のいる家庭といえば、

「休みは家族で大きな公園に行って遊ぶよね」
「水族館とか動物園に行って子供を喜ばのよね」

と素敵な家族像をイメージしておりました。

私の旦那さんは基本、家族で行動してくれます。
「公園にいくよ!」と言えば一緒に来てくれます。

しかし乗り気でない

どうやら休みの日を子供の為だけに使うのは嫌なようで・・・。

 

まぁそりゃそうですよね。
普通なら仕事の休みの日は体を休めたいよね。(母も休みたいけど。)

しかし平日なかなか時間の取れないパパ。
せっかくの休みだから子供と遊んで、良い親子関係を築いてほしい(母親の大変さを分かってほしい)

家族が楽しく過ごせる休日を計画してみましょう!

パパの好きな事に付き合ってみよう

子供と一緒に遊んであげるのって結構疲れますよね。

それはパパも同じようなので、子供にパパと一緒に遊んでもらいましょう

例えば我が家の旦那さんは意外とアウトドアが好きのようで、夏には川に行ったり、海に行ったり、車でドライブしたり。
秋には食のイベントに行ったり、キャンプに行ったりしていました。

子供主体から旦那さん主体プラス子供は行けるか??ということを考えて休日の計画を練るようになりました。
そうすると自然と「今日は公園行ってやるか~」とパパ自ら思う事も増えます。

せっかくの休みの日ぐらい子供と一緒に遊んでよ

パパが好きなお子さんなら、パパの休みの日を喜び遊んでもらおうとしますよね。
そんな中、「え~遊んでいたら休めない」とか言ってたら、ママはイライライライラ。

「休みの日ぐらい遊んであげてよ」とつい言ってしまいがちですよね。

しかしこの言葉はパパを追い詰めるだけであまり効果がみられません。

しかし「せっかくの休みぐらい夫婦で子供を見ましょうよ」というママの気持ちも譲れませんよね。

なのでパパの好きな所に行ってみてください。
もしくは好きそうな事を見つけてあげてください。

家族みんなが楽しく過ごそう

「面倒だなー」と思いながら公園に行くよりも、パパは子供を見てくれます。

きっと遊びにも得意分野があるのでしょうね。

お家が好きなお父さんもいると思います。
そんな時は一緒にたこ焼き作ってみたり、一緒に読書の時間を作ってみたり、子供と2人で窓ふきしてもらったり。

別に子供が好きな遊びじゃなくても良いのです。
お父さんと何かを一緒にするという体験が必要なのです。

意外とお父さんより子供の方が合わせて行動してくれますよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です