子供用GPS

【どこかなGPS】購入前に知っておくべき口コミと評判【デメリットあり】

どこかなGPS 口コミ 評判

最近では子供を巻き込む事件や事故が多く、キッズケータイやGPSを子供に持たせている保護者の方が多いですよね。

我が家でも小学校1年生になった娘にGPSを持たせて登下校させてます(安心だし凄く便利!)

子供用GPSの購入前に10社以上の製品を比較しましたが、中でも低価格で機能面も充実しているどこかなGPS

2020年3月からソフトバンクより発売されており、ソフトバンクはもちろん他社のスマートフォンでも使用できる子供用GPSです。

子供用GPSの中では珍しい買い切りタイプ(初回に端末代金と2年間の使用料を払う)、月々の支払いが不要となります※3年目からは月440円かかります

低価格ながら通知ボタン(子⇒親へ通知できる機能)がついていたり、親のスマホから子供の現在地を更新することも可能です。

ただ他社の製品に比べるとバッテリー容量が小さかったり、短期間の使用だと割高になったりと難点もあります。

そこで今回はどこかなGPSを実際に使用している保護者の方の口コミや、機能、料金などをまとめて紹介。子供向けGPS購入前の参考になると嬉しいです。

【口コミ】どこかなGPSを実際に利用している保護者の声

SNSを中心に利用者の声がたくさん見られました。良い口コミと悪い口コミに分けて紹介していきます。

安くて機能が充実!どこかなGPSの良い口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

そらの色☁️🌈(@sora_n_iro)がシェアした投稿

2年間の総額が1万円以下!?とにかく維持費が安い

多く投稿されていた口コミは値段が安いというものでした。

私も娘のGPSを購入する前に10社以上の製品を比較しましたが2年間総額はどこかなGPSが1番安いです。

価格は端末代金+2年間の通信費を合わせて13,200円(税込)

Amazonではセール価格で販売をしている時期もあり、タイミングがよければ10,000円程度で購入が可能です。

ただ解約時に返金がないので、2年未満で使わなくなる場合は割高になる可能性もあり!

どこかなGPSの価格について早くチェックしたい人はこちら(このページの下部に飛びます)

安いけど機能も充実している

また低価格でありながら、他社に比べても機能面が充実している点が人気の要因です。

  • 端末(子)からスマホ(親)へ通知を送れる「いまここボタン」
  • 自宅のWiFに接続したら通知を自動的に送る「ただいま通知」
  • 親のスマホから最新の位置情報を取得できる「いまどこ検索」など

どこかなGPSの機能面をさらに詳しく知りたい人はこちら(この記事下部へとびます)

充電持ちが悪い!どこかなGPSの悪い口コミ

圧倒的に多かった悪い口コミは「充電がすぐ切れる」

どこかなGPSの1番の難点はバッテリー容量が小さいことだと感じます。

バッテリー(mAh)
どこかなGPS 397mAh
GPSボット 1400mAh
ファミリードット 800mAh
ソラノメ 700mAh

表を見ても分かると通り、どこかなGPSは他社の約半分程度のバッテリー容量です。

公式サイトには連続利用日数について以下のような記載があります。

いまどこ検索をONに した場合、約4日間 【初期設定】
いまどこ検索をOFFにした場合、約7日間
※現在地の更新間隔を5分ごと、その他の通知設定OFFにした場合の数値です
※現在地の更新間隔は3分・5分・10分・30分・自動更新なしから選択可能です
※お子さまの利用シーン(平日の登下校+習い事の移動)を想定しています

どこかなGPS公式サイトから引用】

上記の数字は今どこ検索以外の通知設定をOFFにした場合なので、通知をONにするとさらに充電頻度は多くなります。

SNSなどの口コミを見ると、おおよそ2~3日で1度充電をしている保護者の方が多いです。

これは結構面倒・・。もし充電を忘れたままだと、ランドセルに入れていてもいざという時に役に立たない。

頻繁な充電が面倒だと感じる人は別のGPSを検討をおススメします。

月額無料は究極の2年縛り!?早めに使用をやめると割高になる可能性あり

どこかなGPSは初期費用として端末代金と2年間の通信料を1度に支払います。

最初に支払いを終えているので2年間は追加費用がかかりませんが途中で解約しても返金の対応はないです。

思っているよりGPSが必要なかった、他社のGPSに乗り換えたい等、2年経たずに解約を考える可能性がありますよね。

半年 1年 2年
どこかなGPS 13,200円 13,200円 13,200円
GPSボット 8,448円 11,616円 17,952円
まもサーチ2 9,148円 12,316円 18,652円

▲期間別の料金比較を表にしました▲

子供用GPSの利用期間が1年前後である場合、どこかなGPSよりも他社サービスの方が安いです。

他社のGPSでは利用期間の縛りがなく解約金なども発生しないサービスが多くあるので、2年未満で解約する可能性がある場合は他社も検討しましょう。

▼Amazonでの商品レビュー500件以上!▼

どこかなGPSの製品仕様と機能

次にどこかなGPSの仕様と製品仕様と機能についてまとめて紹介していきます。

まず製品仕様は以下の通りです。

製品仕様

サイズ 47×47×15.5㎜(34g)
現在地の更新間隔 3分、5分、10分、30分、自動更新なし
測位方式 GPS/GLONASS/みちびき/Wi-Fi/携帯電話基地局
バッテリー 397mAh
充電時間 約90分
保証 購入日より1年
付属品 製品本体/MicroUSBケーブル/保証書

保証は1年のみ

どこかなGPSの保証期間は購入日から1年間。

保証期間外で故障した場合は、修理によって機能が保たれる場合のみ有償で受け付けてもらえます。

故障時は保証期間内外に関わらず、どこかなGPSのサポート窓口に相談すればOKです。

>>どこかなGPS「サポート窓口」

7つの機能

どこかなGPSは大きく分けて7つの機能がついた製品です。

①現在地の測位/いまどこ検索 定間隔での自動測位/位置情報の更新を手動で行える
②移動履歴 過去3日分の移動履歴を確認
③ついたよ通知 登録した場所の出入りを通知
④いまここ連絡 端末(子供)⇒スマホ(親)へ通知を送れる
⑤ただいま通知 登録しておいたWiFiと接続(未接続)するとメールが届く
⑥はなれたアラート 端末とスマホが一定間隔離れると通知がくる
⑦GPSを鳴らす スマホのアプリから操作すると端末を鳴らせる

①現在地の測位②移動履歴③ついたよ通知

以上3つの項目は子供用GPSの基本的な機能なので、他社製品にも大体ついています。

現在地の測位/いまどこ検索

子供用GPSの基本的な機能の1つが現在地の測位です。

事前に設定した測位間隔に沿って自動的に子供の居場所を記録、更新していきます。

どこかなGPSの場合は3分、5分、10分、30分、自動更新なしを選択可能。

そして自動更新は子供用GPSの基本機能ですが、どこかなGPSには「いまどこ検索」という機能が付いています。

いまどこ検索とは保護者のスマホから端末の現在地を更新できる機能で、測位間隔を待たずに子供の居場所を特定できます。

最短3分更新だと小学校までの登校距離が短い場合、ほぼ更新できずに到着するかもしれません。

私が使っているGPSは最短1分30秒更新で通った経路が分かるぐらいには記録されています(自宅から学校までの距離が1キロ程度)

どこかなGPSの場合はいまどこ検索(手動更新)もできるけど、もっと頻繁に自動更新してほしい人は他社製品を検討してもよさそうかな。

移動履歴

移動履歴の確認も子供用GPSの基本機能です(他社製品にも大体ついています)

子供が決められた通学路を通っているかなどを確認でき、どこかなGPSの場合は過去3日までさかのぼって見る事ができます。

さかのぼって見られる期間は各社異なり、1ヶ月のあいだ保存をしてくれる製品もありますが正直そこまで毎日確認するものでもないかも。

私の場合は最初こそ「通学路通っているか!?」と2回ほど確認しましたが、それ以降はとくに確認していません。

個人的には3日さかのぼって確認できれば十分かなと思います。

ついたよ通知

登録している場所の出入りを通知してくれる機能です(アプリを開いてなくても登録施設の出入りを感知したら自動的にスマホにメールが送られる)

この通知機能も大体の子供用GPSについています。

小学校を登録しておけば、子供が学校を出発したが分かるんですよね。(私もこの通知に合わせて買い物から帰宅してます。便利な機能の1つ!)

いまここ連絡

いまここ連絡とは子供から親へ通知を送れる機能です。

どこかなGPSの中央ボタンを押すと保護者のスマホへ現在地が表示されます。

  • 通学中にお腹が痛くなった
  • 塾の終わったタイミングを知らせる

このように子供とどんな時にボタンを押すか決めておけば、子供からの連絡手段として活用できます。

スマホまではいらないけど、子供からの連絡手段が欲しい人には便利な機能です。

ちなみにどこかなGPSは、私が比較した通知ボタン付きのGPSの中で1番安い製品でした。

ただいま通知(Wi‐Fi通知)

事前に登録しているWi‐Fiに接続(もしくは未接続)するとスマホに通知がくる機能です。

マンションなどに住んでいるとGPS上では自宅にいるのに、実際は別のお友達の家にいた!なんて事があり得ます。

ただいま通知を設定しておけば、自宅に帰りWi-Fiに接続した時点で通知が来るので、仕事で家にいない保護者の方は安心ですね。

はなれたアラート

端末とスマホが一定間隔離れると通知がくる機能です。

子供との外出中に設定しておけば、迷子や連れ去り発見に役立ちます。

端末を鳴らせる

スマホのアプリから端末を鳴らせる機能です。

ランドセルや塾用のカバンなど、端末を頻繁に移動するご家庭だと探すのがラクに!

音を鳴らす操作はスマホだけが出来るので、子供の誤操作で鳴る心配がないのもいいですね。

どこかなGPSの費用と購入場所

▼どこかなGPSの費用▼

初期費用(端末代+2年間の使用料金) 13,200円
3年目からの月額費用(継続する場合のみ) 月440円
2年間の総額 13,200円
6年間の総額 34,320円

※すべて税込価格
※6年間の総額=440円×48ヶ月(4年)+初期費用

▼他社GPSとの価格比較▼

製品名 2年間の総額
どこかなGPS 13,200円
ファミリードット 9,900円
GPSボット 17,952円
まもサーチ2 18,652円

各社機能に違いがあるので一概に安いものが良いとは言えませんが、それでも多機能などこかなGPSはお買い得な製品だと言えます(難点はやっぱりバッテリー容量かな)

どこかなGPSはどこで買える?販売店は豊富でAmazonでも購入可!

いざ購入となると「公式サイトから購入する際は会員登録を~」みたいなことが多いですが、どこかなGPSはソフトバンクショップ、一部の家電量販店、ネット通販で購入できます。(Amazonでも販売中)

yahoo!ショッピングやAmazonを普段から使用している人は面倒な会員登録が無いので購入しやすいですよね。

特にAmazonでは大きな割引を行っていることがあるので要チェックです(私が見た時は1万円程度でした)