育児の悩み

0歳は注意!赤ちゃんの日焼け止めっていつから?敏感な肌に適した使用方法

赤ちゃん 日焼け止め いつから

赤ちゃんに日焼け止めクリームを使用するのは、大体生後3か月以降が好ましいとされています。

日焼け止めクリームを使える月齢に明確な決まりがありませんが、赤ちゃんの肌は大人に比べると非常に薄く紫外線の影響を受けやすいです。

ほのきち
ほのきち
気象庁のデータだと紫外線は過去に比べて増えているんだよ

だからこそ肌の弱い赤ちゃんに適した日焼け止めを正しく使用する必要があります。

  • いつから日焼け止めクリームを使うのが良いのか
  • 日焼け止めクリーム以外の紫外線対策
  • 赤ちゃんに適した成分の日焼止めはどれか

肌を守る機能が整っていない赤ちゃんだからこそ『紫外線対策はママの役割』となってしまいます。

いつから使っていいの?どんな日焼け止めを使えばいいの?こんなママさんの悩みを解決していくので、最後まで読み進めてみてください。

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?新生児には使えない!?

赤ちゃんが日焼け止めクリームを使用する月齢は大体3か月以降が好ましいとされています。

ほのきち
ほのきち
そもそも産まれて1ヶ月は外出を控えたりするから、日焼け止めを塗るタイミングも3ヵ月頃から増えるよね

3ヶ月以降もまだ大人に比べて皮膚が薄く弱い時期なので『必要な時期と時間帯だけ日焼け止めを使用する』というのが大切です。

気象庁の観測データによると4月~9月がUVインデックスの数値が高くなります。

赤ちゃん 日焼け止め いつから
ほのきち
ほのきち
UVインデックスとは『紫外線が人の体に影響する度合いを数値化したもの』だよ。数値が8以上だと外出を控えよう!などの目安になっているよ

紫外線が人体に及ぼす影響度をわかりやすく示すために紅斑紫外線量を指標化したもの。現在、世界保健機関(WHO)などでは、UVインデックスを用いた紫外線対策を行うよう奨めている。国内でも環境省からUVインデックスが3以上の場合はできるだけ日差しを避け、8以上の場合はできるだけ外出を控えたほうがよいといった具体的な対処方法が示されている。

気象庁:オゾン層・紫外線の知識から引用】

この紫外線の影響が大きくなる時期(4月~9月の10時~14時)に20分以上外出するときは日焼け止めを使用し紫外線対策を行うことが大切です。

新生児に日焼け止めは使えない?

3ヶ月未満でもお兄ちゃんやお姉ちゃんに連れられて外出しないといけない事がありますよね。

新生児から使える肌に優しい日焼け止めは販売されています。

楽天市場でもランキング上位に入っているアロベビーUV&アウトドアミスト新生児から使えて虫よけ効果あり、さらにお湯で落とせるのでママさんから人気があります。

新生児の場合も紫外線ピーク時に外出する際は日焼け止めを使って紫外線対策を行うことが大切です。

ただ紫外線のピーク時の外出を避ける、UVカットが期待できるグッズを使って、なるべく日焼け止めを使わない工夫もしてみましょう。

赤ちゃんに有効!日焼け止め以外の紫外線対策

紫外線が強い時期や時間帯は必ず日焼け止めで紫外線対策をしましょう。

ただ何度も言うように乳児期は皮膚が薄く肌が敏感な時期。

赤ちゃんの肌の負担も考え、紫外線が強くない時間帯で短時間のお出かけならば日焼け止めクリーム以外の紫外線対策も有効です。

UVカットが出来る帽子やケープ、ブランケットなど販売されているので、紫外線のピーク時以外はこれらのグッズを使って紫外線対策をしましょう。

ほのきち
ほのきち
しろくまさんUVカットアイテムは、ひよこクラブとかの人気雑誌でも紹介されている人気グッズだよ

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときの注意点

赤ちゃんの日焼け止めを選ぶときは以下の事に注意して選びましょう。

  1. 肌に優しい成分
  2. 適切な数値のSPFとPA
  3. 落とし方が簡単

紫外線吸収剤不使用の肌に優しい成分を選ぼう

紫外線吸収剤とは化学合成された成分で肌が弱い人には肌荒れの原因となる場合があります。

なので紫外線吸収剤不使用、いわゆるノンケミカルと言われる日焼け止めクリームを使用しましょう。

また月齢の低い赤ちゃんだと、手を口に入れたりする事もあるのでオーガニックタイプだと安心です。

普段使いならSPF15~20・PA++で十分

SPFやPAの数値が高いほど紫外線対策として効果が高いですが、その分肌への負担が大きくなります。

赤ちゃんの肌への負担も考え、普段使いならSPF15~20、PA++程度で十分だと言われています。

サンスクリーンは、小さい赤ちゃんから使うことができます。通常は、病院で健康保険適応のある処方を受けることができませんので、ベビー用や子供用として販売されているものを購入してください。低刺激性と書いてあるものを選び、防御指数は、日常の生活ではSPF15~20、PA++、海や山ではSPF20~40、PA++~+++を目安にしましょう。

【日本小児皮膚科学会:こどもの紫外線対策についてより引用】

ほのきち
ほのきち
赤ちゃんの肌への負担が少ない日焼け止めをこまめに塗りなおす事が大切だよ

日焼け止めの落としやすいものを選ぼう

意外と忘れがちなのが、日焼け止めを落とす方法です

ほのきち
ほのきち
日焼け止めをちゃんと落とせずに肌に残っていると、肌トラブルの原因になっちゃうよ

日焼け止めクリームの落とす方法で多いは『石鹸を使って落とす』

ですが月齢の低い赤ちゃんだと石鹸で洗顔は難しいですよね。

そこでオススメなのが『お湯で落とせる日焼け止めクリーム』です。

ガーゼやハンカチを使って優しく落とせるので、赤ちゃんもママにもストレスなく日焼け止めを落とすことが出来ます。

赤ちゃんから使えるオススメの日焼け止め

  • アロベビーUV&アウトドアミスト
  • ユースキンS UVミルク
  • DHC ベビー&ママサンガード
  • ママバターUVケアミスト アロマイン

ママからの人気は絶大!アロベビーUV&アウトドアミスト

コスパ 使い心地 成分

アロベビーのUV&アウトドアミストは楽天市場でも常にランキング上位に入り、小さなお子さんがいるママからの人気が絶えない日焼け止めクリームです。

ほのきち
ほのきち
私もアロベビーを使っているよ

実際にアロベビーの使用感を記事にまとめているので参考にしてみてください♪

▼0歳から使える日焼け止めをお探しのママさん必見♪▼

【アロベビー】日焼け止めの口コミは本当?実際に使って検証しました日焼け止めと虫よけが一緒になったアロベビーのUV&アウトドアミスト 新生児から使える天然由来成分100%で出来ています。 過...

安いけど紫外線吸収剤不使用!ユースキンS UVミルク

コスパ 使い心地 成分

価格は1,000円以下で紫外線吸収剤不使用の日焼け止めクリームです。

テクスチャーは結構しっとり。

対象年齢の記載がなかったのでお客様相談室に問い合わせると『対象年齢は設けておらず、肌に合えば新生児のお子様からご使用いただけます』との回答を頂きました。

無香料、無着色、アルコールフリーで紫外線吸収剤不使用と申し分ありませんが、落とすときは石鹸を使う必要があります。

DHCの日焼け止め!ベビー&ママサンガード

コスパ 使い心地 成分

DHCといえばダイエットサプリや化粧品が有名ですが、赤ちゃんから使える日焼け止めも販売されています。

こちらも紫外線吸収剤不使用、無香料、無着色、アルコールフリーの日焼け止めです。

SPF30、PA++と少し数値が高いですが、海や山などでは活躍できます。

白浮きしにくく、塗り心地に定評があります。

ベビー&ママサンガードも、落とすときは石鹸を使う必要があります。

赤ちゃんの日焼け止めは3ヶ月以降がおすすめ

この記事のまとめ
  • 日焼け止めは生後3ヶ月以降の使用がおすすめ
  • 4月~9月(10時~14時)が紫外線のピーク
  • 紫外線ピーク時は日焼け止めクリームを忘れずに
  • 紫外線吸収剤不使用のモノ
  • 落とし方が簡単なモノ
  • 普段使いならSPF15~20、PA++程度で十分

小さな赤ちゃんは肌を守る機能が弱く、紫外線対策はママのお仕事になってしまいます。

赤ちゃんとママにとって負担の少ない日焼け止めクリームを見つけてくださいね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です