キャンプ

【初心者向け】子供が喜ぶキャンプ飯!簡単で美味しい人気メニューはコレ!

キャンプ飯といえばバーベキューですよね。

青空の下、炭で焼いた厚切りのお肉を口に入れたら格別です。

けれど子連れキャンパーの悩みの種は子供のごはん。

  • もっと子供が喜ぶ料理を知りたい
  • 硬くて厚切りのお肉を食べられない
  • キャンプ初心者だから簡単な料理を知りたい

3歳の娘も「固くて噛めない・・・」と言ってお肉をペッと出します。

大切なお肉を無駄にしない為にも、お子さんも食べられるキャンプ飯を紹介していきます。

ほのきち
ほのきち
ちなみにこの記事はお洒落キャンプ飯は紹介してないよ!
とにかく簡単に子供も食べられるものを探している人は最後まで見てみてね★

子供も喜ぶキャンプ飯

子連れキャンパーは『綺麗に切って、綺麗に盛って、写真を撮る』という事よりも、子供に食事をさせる事が第一優先になってきますよね。

ほのきち
ほのきち
特に小さいお子さんと行く場合は目を離せないです

なので簡単に!さらに子供も食べられる料理を順番に紹介していきます。

カップ焼きそば

ぱぱきち
ぱぱきち
ん?料理??
ほのきち
ほのきち
キャンプに行くならカップ焼きそばは必需品!

キャンプ場のチェックインって昼前から14時前後が多いですよね。

そうなると困るのがお昼ごはん。

チェックインがお昼前のキャンプ場であれば簡単に準備できるカップ焼きそばがあると便利ですよ。

ほのきち
ほのきち
ちなみに我が家の初日のお昼ご飯は、カップ焼きそばとオニギリだよ

とにかくキャンプ場に着いたら暗くなる前にテントを張らないといけません。

慣れていたらテントの設営もすぐに完了しますが、初心者の方は大人が2人がかりでも結構時間がかかります。

なので初日のお昼ご飯はとにかく簡単に出来るカップ焼きそばがオススメです♪

ぱぱきち
ぱぱきち
なんで焼きそばなの?ぼくラーメンが好きなんだけど?
ほのきち
ほのきち
汁が無いと子供に食べさせやすいし、大盛りを買ってみんなで分けて食べたら簡単なんだよ

焼き鳥


冷凍の焼き鳥って売ってますよね?

あれをそのままドーンと焼きます。

冷凍したまま持って行けば保冷剤代わりにもなるので食材保存の役にもたちますよ!

ほのきち
ほのきち
モモ肉や皮が固くて食べられない子供はつくねがオススメだよ!!

焼きおにぎり


定番の焼きおにぎりです!

おにぎりを沢山握って行きましょう!

ほのきち
ほのきち
具に鮭とか入れていくと、翌日の雑炊が鮭雑炊に!!最高なのよね~

夏場のように気温が高くなると食材の痛みが早くなるので注意しましょう。




ハンバーガー


マフィンの間にベーコン、千切りキャベツ、マヨネーズを挟むだけの簡単料理。

炭火でマフィンとベーコンを焼くと風味もワンランクUP!

ほのきち
ほのきち
キャベツを丸々買わずに千切りキャベツ買うよ!準備が楽ちん!

マフィンをサンドイッチ用のパン、ベーコンを薄切りのハムに変更すると小さなお子さんも噛みやすくて食べやすいです。

鍋料理


朝晩冷え込む時期はお鍋がオススメです。

我が家では白菜と豚肉を重ねたミルフィーユ鍋が定番です。

自宅で白菜と肉を切り、鍋に入れていきます。

ほのきち
ほのきち
凍らせた餃子を一緒に入れると美味しいし保冷剤代わりにもなるよ

保冷剤と一緒に鍋をアルミホイルで巻いたら完成です。

味付けは濃縮めんつゆと水だけですが、餃子を入れているとニンニクやニラの旨みが出てきて最高!

ピザ

乗せて焼くだけのピザクラフトを買っておけば子供と一緒にピザを作ることが出来ますよ。

キャンプ飯 子供

好きな具を乗せて焼くだけなので小さなお子様でも簡単、さらにママも準備が楽て凄く便利!

ハムやトマト、残った焼き鳥など何を乗せても美味しく食べられます。

ほのきち
ほのきち
薄切りのハムなら子供と一緒に型抜きをしても楽しいよ

完成したら薄くオリーブオイルを塗ったアルミホイルで巻いて網の上で焼きます。

子供とキャンプ飯を楽しむなら保冷力の高いバッグは必需品

キャンプでバーベキューをするなら気をつけないといけないのが食材の保存方法です。

昼間の気温が高くなる3月中旬からは特に気を付けましょう。

  • 保冷剤を活用する
  • 肉は凍らせていく
  • 保冷力の高いバックに入れていく

小さなお子さんが体調不良にならない為にも保冷力の高いバッグは必需品です。

ぱぱきち
ぱぱきち
けど保冷力の高いクーラーバッグは値段が高いし、なぜかデカくて収納面でも邪魔だよね
ほのきち
ほのきち
保冷力、価格、収納のしやすさで優れた保冷バッグと言えばソフトクーラーボックスが人気だよ

これがあれば大丈夫!子供とキャンプ飯を楽しむための必需品

あると便利な持ち物!

・キッチンバサミ
・フォーク、スプーン
・蓋付きの紙コップ
・ランタン
・ウェットティッシュ
・抱っこひも(おんぶが出来るもの)
・着替え(プレイウェア)
・日焼け止め
・虫よけスプレー

ぱぱきち
ぱぱきち
おんぶが出来ると親も食べやすいし、子供も火から離れるから良いね
ほのきち
ほのきち
バーベキューをする時は赤ちゃんから使える日焼け止めや虫よけを忘れずにね

【関連記事】新生児から使える!日焼け止めと虫よけを兼ね備えたアウトドアミスト

親はラクに!子供は楽しくキャンプ飯を食べましょう

子供がいると結構バタバタと忙しいキャンプ。

食事に力を入れ過ぎると、せっかくの子どもと遊ぶ時間が無くなってしまう事も・・・

なるべく簡単に、そして子どもたちが楽しいキャンプの時間を過ごせるように工夫しながらキャンプ飯を作ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です