子育て

【2歳】野菜食べない!無理強いしない効果的な野菜の克服方法!

2歳 野菜食べない

2歳の我が子が野菜を食べない

このように悩んでいるお母さんは意外と多いんです。

子供の健康が気になるのはもちろん、給食を上手に食べられないんじゃないか、義母さんからのプレッシャーが凄いなど、様々な理由で子供の野菜嫌いを悩んでいます。

この記事では2歳のお子さんに効果的な野菜嫌いの克服方法をまとめていきます。

娘も2歳の時は大の野菜嫌いで、いつまで経っても野菜を食べない娘に私自身も疲弊していました。

ほのきち
ほのきち
今は娘も4歳になって、少しづつだけど食べられる野菜も増えてきたよ

お母さんのストレスとなりすぎないよう、軽い気持ちで色々試してみてください。

野菜を食べない!2歳の野菜嫌い克服方法

なぜお子さんは野菜が嫌いなんでしょうか?

実は味だけではなく、色、舌触り、ニオイなど子供によって嫌いな理由は様々です。

なので、色々試してお子さんに合う克服方法を見つけましょう。

そして『お母さんが頑張りすぎない』ことも大切です。

ほのきち
ほのきち
同じような悩みを抱えているお母さんはたくさんいるよ!食べてくれたらいいな~くらいの軽い気持ちで試してみてね

細かく刻んで混ぜる

2歳 野菜食べない 刻む
野菜を細かく刻んで混ぜちゃうのは、野菜嫌いの克服方法として定番の方法ですよね。

混ぜるメニューとして多いのは以下のようなもの

  • カレー
  • シチュー
  • ハンバーグ
  • ポタージュ
  • お好み焼き

マヨネーズが好きなお子さんはお好み焼きに混ぜると高確率で食べてくれるので試してみてください。

また、ご飯としてではなくおやつとしてホットケーキに混ぜるのもオススメです。

牛乳を使えばカルシウムも取れ、ニンジンやカボチャのペーストを混ぜると美味しく食べられます。

子供と一緒に料理する

皮をむいたり、混ぜたり、盛り付けしたり。

2歳のお子さんでも出来るお手伝いをさせてあげましょう。

2歳 野菜食べない 料理

自分で作ったと感じる料理は、子供にとって特別な料理です。

簡単な工程だけでも良いので、お子さんと楽しみながら作ってみましょう。

野菜を育ててみる

野菜の成長過程を見ると、子供自身もその野菜に愛着がわきます。

ラディッシュ、ミニトマト、オクラなど比較的初心者でも簡単に育てることの出来る野菜から始めてみましょう。

2歳 野菜食べない 家庭菜園

庭が無くてもベランダがあればプランターで育てることが出来ます。

お子さんと種まき、水やり、収穫、そして食べるまでを一緒に行うと野菜への苦手意識が少し和らぎます。

食事の見た目と食べる場所を変えてみる

2歳 野菜食べない ピクニック
野菜を型抜きする、お弁当箱に詰めるなど、普段の食事の見た目を変えてみましょう。

100均に行けば、動物や乗り物など様々な種類の型抜きが沢山売られています。

また公園など食事をする場所を変えて気分を変えてあげるのも効果的です。

ほのきち
ほのきち
外出が大変なときは家の中でレジャーシートをひいて食べるだけでも子供の気分が変わるよ

食べやすさを考える

とろみをつけて『あんかけ風』にすると食べてくれたというお母さんも多いです。

ほのきち
ほのきち
奥歯まで生えそろっていない2歳児は繊維の多い野菜を食べにくいと感じる事があるよ

ブロッコリーやコーンなどをまとめて『あんかけ』にしたり、トマトは皮をむいてあげるなど、子供の食べやすさを考えてみましょう。

子供用青汁を活用する

青汁 グリーンミルク
保育園などでも採用されたグリーンミルクや、はなかっぱ監修のこどもフルーツ青汁など『子供向けの青汁』が販売されています。

ほのきち
ほのきち
私はグリーンミルクを使ているよ

グリーンミルクは抹茶ミルクのような味わいで、野菜嫌いの娘でもすんなり飲めます。

コップ一杯で栄養を補えるので、子供も親もストレスなく栄養を摂ることが出来てオススメです。

グリーンミルクのレビュー記事もありますので、参考にしてみてください。

▼グリーンミルクのレビュー記事♪

グリーンミルク 口コミ 
グリーンミルク青汁の口コミ!3歳の子供が喜んで飲む青汁を徹底レビュー幼児期は体が作られるとても重要な時期ですが成長期の食事管理をお母さん1人で担うのはとても難しい事です。 そこでお子さんの足りない栄...

野菜の絵本を読んでみる

『野菜は嫌なもの』

このイメージを少し変えるために絵本を利用します。

ほのきち
ほのきち
2歳向けの野菜を題材にした絵本はたくさん

絵本ナビというサービスだとネットで試し読みも出来るので、お子さんに合っているかぜひ見てみてください。

食卓には出し続けて親が美味しそうに食べる

少しでもいいので野菜を食卓に出し、親が美味しそうに食べる姿を見せます。

嫌いなものを遠ざけず、無理強いせずに子供が自主的に食べたいと思うのを待ちます。

また子供に空腹を感じさせるのも大切なことです。

好きな時に好きなものを食べられる環境であるなら、食事の時間を決める、お菓子を与えすぎない等、食べ物の量や時間も気にしてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です