アウトドア

【ふたご座流星群】子供と行くポイントまとめ

12月のイベントと言えば、クリスマス、大掃除、雪合戦?
色々ありますけど、沢山の流れ星を見るチャンスがきます!

子供が生まれて夜の外出をなるべく避けていましたが、初めて天体観測をしてみました。

子供連れの天体観測の持ち物、注意点などをまとめたので参考になると嬉しいです。

ふたご座流星群とは・・・?

ふたご座流星群は毎年12月14日頃を中心に活動する流星群です。
たくさんの流星が出現することで有名ですよね。
ふたご座流星群は早め(20時頃)から流星し始めるので、3歳の娘がいる我が家にはぴったりの天体観測となりました。

子連れの天体観測

大人のデートで行くのならば厚着をして2人でくっついていたら良いのでしょうが、
幼児と一緒だとそんなわけにもいきません。
しっかり準備をしていくことで、大人も天体観測を満喫できますよ。

とても寒い

今回は、星が綺麗に見えると有名な岡山県の美星町まで行って天体観測をしてきました。
天文台まで行ったのですが、とっても寒い・・・。
12月中旬。平地でも寒いのに、天文台があるような標高の高い場所はそりゃ寒い。
防寒はしっかり行うのが大切です。

娘の服装

・ヒートテック×2枚 ・トレーナー×1枚 ・ダウン×1枚 ・帽子と手袋

これでもまだ寒いと言っていました・・・。

必要な持ち物

・懐中電灯
天体観測は基本明りの無い場所で行います。(街や月が明るいと星が見えにくい為)
小さなお子様と一緒に移動するときは必須です。

懐中電灯の明かりの色に気をつけよう

暗闇に慣れてきた目を眩しくしないためにも、赤いセロハンなどを貼っていくことをオススメします。

・レジャーシート
今回は寝っ転がって観測しました。
見えやすいという理由もありますが、幼児ぐらいの子供が立ったまま夜空を見上げ続けるのは厳しいと思います。

・寝袋(毛布)
じっとしていると本当に寒いです・・・。
「寒いよー」と言われちゃ帰るしかなくなるので、寒さ対策は万全に!!

・貼るカイロ
これは絶対持っていたほうが良いです。
貼らないカイロは娘に持たせると大体どこかに無くしてしまいます。
低温やけどに注意しながら使用してください。

その他に帽子、手袋、厚手の靴下などを準備していれば安心です。

普段お昼寝をしている子はしっかり寝せておく

ふたご座流星群は早めから流星し始めますが、普段から20時21時頃に寝ている子どもにとっては遅い時間です。
「流星群を見せてあげたいんだー」と思っている方はお子様をしっかりお昼寝させていたほうが良いです。

我が家はこのまま車中泊コースでした。

https://honokichi.com/entry/2018/12/22/092844

はたして娘(3才)は楽しめたのか問題

結果から言うと十分に楽しめたようです。
なんとなく「3才の子どもでも、流れ星を見つけることができるのかな??」と思っていましたが、たくさんの流星が見られたので見つけやすかったようです。
なので時期をしっかり選ぶことが大切です。
「単純に星だけを見に行くのは、すぐ飽きちゃうんだろうなー」と感じました。
「冬の星座を見に行こう!!」とかは、もう少し大きくなってからが良さそうでした。

娘に「3回お願い事言うんだよー」と伝えたら、「アイス食べたい、アイス食べたーい」と必死にお願いしてました・・・。寒っっ!

行ってみて良かったですよー!!

昼間は天文台に行き、夜は実際に流れ星を見たのですが、娘の記憶にとても残っているようです。
色々な事に興味を持てる幼児期です。
たくさんのきっかけを作ってあげることで子どもの世界は広がっていくと思います。
しっかり防寒して素敵な家族の時間をお過ごしください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です