妊娠・出産

帝王切開が怖い!注射でさえ苦手な私のリアル体験談

帝王切開 怖い

帝王切開が嫌で怖くて、本当に嫌だった私。

普段注射を打つのも本当に嫌で妊婦検診の採血でさえビビりまくっていました。

ほのきち
ほのきち
体に針を刺すなんてありえない

そんな私が!!!

無事帝王切開を終えました!!

帝王切開の前、永遠と携帯で

『帝王切開 痛い』

『帝王切開 怖い』

『帝王切開 無理』

『帝王切開・・・』

と検索しまくっていました。

いやいやビビりすぎでしょ。帝王切開ぐらい朝飯前みたいな人には何の役にも立たない記事です。

私と同じように『未知なる帝王切開が怖くてたまらない人』に向けて、少しでも恐怖心がなくなれば良いなという気持ちで体験談をまとめています。

ほのきち
ほのきち
怖くて嫌だった帝王切開だけど病院の先生たちがしっかりサポートしてくれたよ

帝王切開が怖い!麻酔が痛いとの噂があって

なにを隠そう麻酔がとにかく怖かったです。

ネットで調べていれば嫌な情報ばかり。

  • めちゃくちゃ痛かった
  • 何度も刺された
  • 麻酔の為の麻酔が痛すぎる
  • 先生に麻酔は痛いよと言われた
  • 麻酔が痛いかは先生次第

これらの情報のおかげで、麻酔に対して信じられないぐらいの恐怖心を持っていました。

ほのきち
ほのきち
先生次第ってそんな運みたいなこと言われても

もう麻酔は『痛いんだ・・』と半ば諦めた感じでしたが、まぁ大丈夫やった!

運が良かっただけなんじゃないの~

って思うかもしれませんが、うまく麻酔が刺さらず1回刺しなおしました。

それでも失神するレベルではない。

たしかに『ウグゥゥゥゥゥゥ』と我慢するような痛みはありますが、史上最悪の恐怖心を抱いていたため思ったよりは大丈夫という結果に終わりました。

切るときの痛みは本当にない!

『注射を刺す』

『お腹を切る』

こんなん言葉を聞いただけで血の気が引きますよね。

麻酔は上で書いたような感じ。

お腹を切ることに関しては麻酔が効いているので全く痛くありませんでした。

局部麻酔なので意識はちゃんとあるし、不思議なことに赤ちゃんを取り出している(皮が引っ張られるような)感覚もありました。

ただ切っているときの痛みは全くありませんでした。

「お腹の筋肉凄いね!なにか運動してたの?」

と先生と会話しているような状態でした(お腹は開いている状態)

帝王切開の術後はやっぱり痛い

開腹手術なので当たり前なんですが術後はやっぱり痛かったです。

特に最初の2日ぐらいは『歩くなんて絶対に無理』という感じ。

けれど私の場合、痛みに耐えるのは強い方。

『刺す』『切る』のような未知なるものが異常に怖いだけ。

なので術後の痛みに耐える期間は、我慢するしかない!という感じでした。

ほのきち
ほのきち
痛みがひどい時は痛み止めを処方してくれたよ!我慢しすぎずお医者さんに相談しよう

帝王切開が怖くて嫌だった

しつこいようですが、本当に痛いのが苦手な私。

紙で指を切っただけで、つらい。

他人の膝から血が出ているのを見るだけでも、つらい。

そんな私が帝王切開とか・・。

聞いただけで失神しそうでした。

児頭骨盤不均衡でした

そもそもなんで帝王切開になったかというと、児頭骨盤不均衡という状態でした。

簡単にいうと「赤ちゃんの頭とお母さんの骨盤の大きさが釣り合ってないらしく物理的に普通分娩が難しい」ということらしいです。

『物理的に普通分娩が無理!だから陣痛きちゃったら大変!だから1週間以内に腹を切ります!!』

と病院で宣告されました。

ほのきち
ほのきち
お尻の大きさに自信を持っていたから、まさか骨盤小さいだなんて予想外だったよ

帝王切開はメリットだってある

なんとなくマイナスイメージの強い帝王切開ですが、実際に出産して良かったなと感じた部分も多かったので紹介します。

  • 予定が立てやすい
  • ちょっとだけ長い日数入院できる
  • 出産中の痛みは少ない
  • 出産時間が短い

予定が立てやすい

入院から退院までのスケジュールはもちろん、出産開始時間もわかるので、周りの人が予定を立てやすいです。

旦那さんや実母や義母さん。

ほのきち
ほのきち
私は転勤先で出産したから遠方に住んでいる実母は予定を立てやすかったよ。旦那さんもあらかじめ仕事を休んでくれてたので安心でした。

ちょっとだけ長い期間入院できる

育児が始まれば、もうノンストップで休む時間がなかなかとれません。

普通分娩に比べて少しだけ入院期間の長い帝王切開。

入院中は体力回復に努めましょう。

術後すぐの赤ちゃんのお世話も病院が助けてくれることが多いので、夜寝ることが出来ます。

出産中の痛みは少ない

麻酔を刺すときの痛みは多少ながらもありますが、出産中はほとんど痛みがありません。

もちろん術後が痛いので、いつ痛いかだけの違いでもありますが、落ち着いて出産に臨めたと思います。

出産時間が短い

私がいた病室の隣に普通分娩のママさんが入院してました。

それはもう壮絶な叫び声が聞こえてました(一晩)

普通分娩になれば1日以上かかっての出産だってありえます。

ちなみに帝王切開だった私は30分程度で終了。

あの叫び声を聞いたら帝王切開で良かったなと感じてしまいました・・・。

帝王切開を経験したママたちの話

病院での出産は25,8%が帝王切開であったと厚生労働省が発表しています(2017年)

4分の1の割合で帝王切開が行われている計算に。

ほのきち
ほのきち
今では珍しい分娩方法ではないんだよ

実際に帝王切開で出産した先輩ママさんたちの体験談があるので紹介していきます。

出産前ずっと怖い怖いと思っていましたが、意外と平気でした。
ただ産後は痛くてとても辛かったです。出産中は意識があるのでお医者さんと会話を楽しむ余裕さえありました。
緊急帝王切開で出産しました。突然の事だったので少しパニックになっていましたが、今思えばあっというまでした。陣痛を経験できなかったという思いはありましたが結果出産中は楽だったと思います。ですがやっぱり術後は皆さんの言う通り痛みが強くて大変でした。寝たきりになるので時間をつぶすものや便利グッズの準備をしておけばよかったです
予定帝王切開だったので旦那さんの仕事の調整が出来て良かったです。麻酔は確かに痛いですが、それよりも産後の痛みの方が強いです。でも出産中は麻酔が効いているので痛みはありませんでした。陣痛を経て出産という形が出来なかったのは残念ですが、元気に赤ちゃんが産まれてきてくれたので問題ないです!

皆さんやはり痛かったのは産後でした。

でも痛み止めも出してくれるし、我慢しすぎず先生に相談するのが一番です。

また産後はベッドから全く動けないからずっと暇だったとの声もありました。

▼帝王切開のあとベッドの上で出来る暇つぶしを知りたい人は、こちらもチェック♪

出産 入院中 暇つぶし
出産の入院中を快適に過ごせる!ベッドの上で出来る暇つぶしまとめ 新型コロナウイルスの蔓延により心配な時期を過ごしている方も多いと思います。 大切な赤ちゃんを守るためにいつもママさんお疲れ...

帝王切開は母子の安全を考えられた出産方法

陣痛の痛みを味わうことが無いなんて・・・

こんな風に考えた時もあったけど、「まぁ赤ちゃんが元気に生まれてくれれば良い」と思えるようになりました。

手術という響きが怖い印象を強めますが、実際は思ったよりも大丈夫!

むしろ出産中は普通分娩の人よりかなり余裕があると思います。

赤ちゃんに会えた瞬間は一生忘れる事の出来ない感動的なモノ。

素敵な出産になりますように☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です