ママライフ

育児の息抜き!オススメ10選をまとめてみました。みんな休もう。

ほのきち
ほのきち
子育て中のママさん。息抜きしてますか?

可愛い我が子でも24時間毎日一緒にいると「1人になりたい」「息抜きしたい」と感じるのはごく普通の感情でしょう。

現在3才の娘を育児していますが、起床から就寝まで息をつく暇がありません。

転勤族なので近くに頼れる人もおらず、日々ワンオペ育児が続いています。

自分の両親に子どもを預けたりできる環境であれば良いのでしょうが、色々な事情で出来ない人もたくさんいますよね。

ほのきち
ほのきち
1人の時間がほしいんだよ~

今回はワンオペ育児でも出来る息抜き方法を紹介していきます。

どうして育児の息抜き出来ないのか

「息抜きしたい!」と考えネットで検索までするのに息抜き出来ない。

なぜ育児中の息抜きは出来ないのでしょうか・・・。

周りの協力がない

子供を預けられる環境がない

このような人は「1人の時間」が極端に少なく1人で息抜きをする時間がありません。

・夫や両親の協力が得られない
・近くに子どもを預けられる施設が無い
・施設を利用したくても金銭的に厳しい

育児中の息抜きに罪悪感がある

1人目のお子さんを育児中のママに多いのかもしれませんが、息抜きする事を悪い事と考えている場合です。

・周りのお母さんはもっと頑張っている
・子どもを預けてまで自分の為に時間を使う事に罪悪感を感じる
・旦那さんが稼いだお金で息抜きするのは後ろめたい

息抜きは悪い事?

育児中の息抜きは悪い事ではありません。

外で必死に働いてくれているパパ。

そのパパとの子どもを必死に子育てしているのです。

適度な息抜きに使うお金は育児の必要経費です。

周りの頑張っているように見えるママに合わせる事はありません。

そんなママだって適度に息抜きしているからこそ頑張れます。

ほのきち
ほのきち
大切なのは子供と自分が笑っている事だよ!




育児の息抜きをご紹介

息抜きの方法も様々あります。

今回は自宅で出来る息抜きと外出先で出来る息抜きに分けて紹介していきます。

オススメ育児の息抜き【自宅編】


「子どもを預ける事が出来ない」

そんなママさんは自宅で出来る息抜き方法を試してみてください。

入浴剤を入れてお風呂を満喫する

子育て中はお子さんと一緒にお風呂に入っちゃう事が多いですよね。

しかし「今日は1人でお風呂に入る」と決めたら、パパにお風呂をお願いするか子どもだけ洗って入れてあげましょう。

ほのきち
ほのきち
1人で好きな入浴剤を入れて過ごすバスタイムは最高だよ!

子どものアルバム制作

毎日一緒にいると子どもの写真がものすごい量になっていませんか?

とりあえず撮ってパソコンに保存、そのまま放置という人も多いと思います。

1人の時間を使ってアルバム制作するのも楽しいのでオススメです。

定番!ちょっと高いデザートを食べる

いつも割引のプリンを探している私ですが、「今日は疲れた!!!」という日は贅沢プリンを購入します。

ほのきち
ほのきち
単純だけど、贅沢プリンを1人で食べる時の幸福度は恐ろしいほど高いんだよねぇ★

このプリン代は育児の必要経費です。

映画館ごっこ

これは私のオススメです!

なかなか1人で映画館に行くのは周りの協力がないと難しいですよね。

「だったらお家を映画館にしちゃおう!!」という事です。

ほのきち
ほのきち
ニトリのロールカーテンとプロジェクターとパソコンを使って自宅で映画館ごっこを楽しんでいるよ!

もちろん炭酸飲料とポップコーンは必須アイテムです。

読書またはゲーム

私は元々、全く本を読みませんでした。

しかし育児を始めて驚いたのが「読書は凄く息抜きになる!!」という事です。

小説も読みますし漫画を大量にレンタルし読み続ける事もあります。

またゲームを子どもの遊びと侮ってはいけません。

「自由に街を歩けてる~」と感動しました。

現実世界でのんびり街を歩けない分、ゲームの世界で冒険するとそれはそれは楽しいです。

究極!何もしない

何もしない日を作るというものです。

本当に何もしません。

朝はパン♪パンパパン♪(朝食はパン)

昼は公園でおにぎりを食べ、夜は外食をします。

掃除、洗濯、ご飯作り・・。

これら全てを放棄し子どもとのんびりと過ごします。

子育てもなかなか疲れる。自力で休息時間をとろう。みなさん、育児中どうやって休息してますか? 起床から就寝まで、家事育児に全力でしょうか。 私はやる時やるけど、やらない時は全く動...

オススメ育児の息抜き【外出編】


お子さんを見てもらえる環境であるなら、外で自由になる時間を作ってみてください。

しっかりとリフレッシュしましょう!

ショッピング

普段ゆっくり見れない自分の服や鞄や靴。

見るだけで一苦労、試着なんてまともに出来ません。

自分の為にショッピングをしてみましょう。

ほのきち
ほのきち
結局20分もしたら子供服見てたりするんだけどね

温泉

施設によりますが、小さなお子さんと一緒に入れる場所は意外と多いです。

また比較的遅くまで営業している所が多いので、子どもを寝かしつけてからパパにお願いしてもゆっくり1人で入りに行けます。

私は寝かしつけてからパパにバトンタッチして温泉に良く行きます。

館内で一緒にマッサージなども出来る施設もありますので、プチ贅沢を味わいましょう。

カラオケ

先日、娘と2人で初カラオケに挑戦してきました。

キッズルームも有り!子連れでカラオケに行くポイント大好きだったカラオケ。 しかし出産し育児が始まり全く行けない日々が続きました。 「あぁ!もうカラオケ行きたい!」 という事...

しかし子どもが小さいうちは連れていくのが心配なママも多いと思います。

ほのきち
ほのきち
私も娘が乳児の頃は、寝かしつけてからパパにお願いして1人カラオケを楽しんでたよ!

最初は「1人でカラオケって恥ずかしい!」と思っていましたが、最近は1人カラオケ専用の部屋も用意されている店舗もあります。

行ってみたら恥ずかしいなんて、どうでもよい程楽しかったので是非行ってみてください。

ネットカフェ

漫画、映画、インターネット、さらに飲み物からマッサージ機まで揃う夢のような施設です。(施設によりますね)

ここも24時間営業のお店が多く、子どもやパパの時間に合わせて息抜きしないといけないママにとってはとても便利な場所です。

値段もリーズナブルで静かに過ごす事が出来ます。

また最近は、女性専用ブースを設置している店舗もあるので気になる人はHP等で確認すると良いでしょう。

ママ自身を大切にする事も育児の一環

育児という言葉を聞くと「自己犠牲にしてでも子どもの為に・・・。」と感じる事もありますが、それは本当に子どもの為になっているのでしょうか。

適度にママが息抜きをする。

そしてまた笑って子どもと向き合える。

この環境を整える事も育児の一環だと思います。

パパや両親、時にはお金に頼りママ自身を大切にする時間を作ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です