ママライフ

赤ちゃんの温泉デビューはいつから良いの?泉質も気にしてみよう!

育児が少しづつ慣れてくると、ホッと一息つきたいと感じる人も多いのではないでしょうか?

私は九州の温泉県で生まれ育ってきました。

嬉しい事があれば温泉に行き、

悲しい事があっても温泉に行き、

物事が一段落すればとりあえず温泉に行ってました。

 

しかし子供が生まれると、
「一体いつから温泉にいけるの?そもそも赤ちゃんが入っても大丈夫なの?」

といろいろな疑問が湧きあがりっぱなしでした。

なので今回は、温泉大好き人間として調べてまいりました!

赤ちゃんはいつから温泉に入ってもいいの?

温泉デビューの時期には、明確な決まりがありません

しかし目安というものは存在します。

住んでいる地域や温泉施設のルール、お子さんの成長具合を見ながら親が見極める必要があります。

1.へその緒が乾き、首がしっかり座ってから

生後1カ月は家庭でも家族と一緒に入浴はせず、沐浴をするように言われますよね。

へその緒が乾ききってない状態では細菌への感染が心配されます。

一緒に入浴する人の負担も考えるとへその緒が乾き、首が座ってからが最低限の目安です。

2.お座りが出来るようになってから

赤ちゃんが座れるようになると、一緒に入れてあげる人の負担がグッと減ります。

ベビーチェアーやマットを準備してくれている温泉施設もあり、子供を座らせて待たせることが出来ます。

腰を支えてあげれば一緒に座って入浴する事も出来るので、少し落ち着いて入る事が出来ます。

3.やはり安心。オムツが取れてから

やはりオムツが取れていないと衛生面やマナーが心配ですよね。

なのでオムツが取れてから温泉デビューをしたという人も多いです。

・親が洗っている間、静かに待てる
・親の言う事を理解し静かに入浴できる
・抱っこしなくても大丈夫

このくらいまで成長すると親もゆっくりと温泉を楽しむ事が出来ます。

制限を設けている施設もある

施設によっては「〇才以下は入浴不可」「オムツの取れていない子どもは入浴不可」など制限を設けている施設も多くあります。

「行ってみたけど入れなかった!」と失敗しない様に事前に電話等で確認する事をオススメします。

ちなみに、私が住んでいた温泉県では、「赤ちゃんもどうぞ~」とベビーベッドからオムツ用のごみ箱まで設置してくれている施設が多数あります。

ありがたや~。



赤ちゃんが入る温泉のポイント

温泉と一つ言っても様々な種類があり、肌が弱い赤ちゃんの事を考えた温泉選びが必要です。

泉質

泉質とは温泉に含まれる成分の事を指します。

成分によっては、お肌がツルツルになったりと良い効能をもたらします。

しかし肌の弱い赤ちゃんにとっては刺激が強すぎる場合があるので注意しましょう。

刺激の少ない「単純温泉」という泉質が赤ちゃんにはオススメです。

温度

体が小さく皮膚が薄い赤ちゃんにとって温度の高い温泉は負担がかかります。

赤ちゃんが入るお湯の適温は38度くらいです。

長湯を避けたり、施設にベビーバスの有無を確認しておくと安心です。

赤ちゃんと温泉に入る時のマナー、注意点

温泉は公共の場です。

「入っても良い年齢だから大丈夫!」ではなく、周りにも配慮した入浴を心がけましょう。

・赤ちゃんとお母さんの体調の良い日を選ぶ
・授乳後すぐの入浴はひかえる
・入浴前におしっこが済んでいるのか確認する
・水分補給をしっかりと
・長湯をしすぎない
・滑りやすいので足元に気をつける

まずは家族風呂がオススメ!

「早く温泉に行きたいけど、やっぱり不安!」という人も多いと思います。

私自身も子供が3才になる前までは、子供を預けて1人で温泉に行くか、家族風呂を利用していました。

家族風呂の良いところ
・両親が一緒に入浴出来るので、1人で赤ちゃんを入れるよりも負担が少ない

・施設によっては入浴前にお湯を入れ替えてくれるので、綺麗な温泉に赤ちゃんを入れてあげられる

・脱衣所と温泉が行き来しやすいので、休憩を取りやすい

・脱衣所にエアコンが完備されている場合は赤ちゃんに合わせた室温に調整できる

家族風呂のイマイチなところ
・値段が高い

・利用時間が決まっている事が多い

赤ちゃんに合わせて温泉デビューをしてみましょう

「のんびり温泉に行きたい」という気持ちはとても分かります。

しかし無理をしていくと赤ちゃんの負担が大きいです。

入浴可能な年齢やベビーバスの有無など事前にしっかりと確認して、温泉を楽しんでください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です