ママライフ

キッズルームも有り!子連れでカラオケに行くポイント

大好きだったカラオケ。
しかし出産し育児が始まり全く行けない日々が続きました。

「あぁ!もうカラオケ行きたい!」

という事で先日、娘(3才)と一緒に2人でカラオケに行ってみました。

以前は
「耳への影響が気になるな」
「なんとなく子どもをカラオケに連れていくのはダメな気が・・・」
「そもそもカラオケ行っても娘は楽しくないのでは?」

と行くのを躊躇していました。

カラオケ行きたいけど、なんだかな~
という子育て中の人に読んでもらえたらなと思います。

子連れカラオケに抵抗がある

筆者も最初は小さい子供をカラオケに連れていくなんて・・・
と少し行く事に抵抗がありました。

なぜかと言われたら世間の目を気にしていたのだと思います。

<div class=”simple-box1″><p>「衛生面が心配だ」
「お酒を提供するような場所に連れてきている」
「大人の娯楽に子どもを付き合わせるなんて・・・」

</p></div>

親の感覚よりも世間の目が厳しく、子連れのカラオケをなかなか行けずにいました。

キッズルームだってある!子連れに対応できるカラオケ店

世間の目とは反対に、子ども歓迎のカラオケ店は増えてきています。
キッズルームやキッズメニューが充実している店舗も多くあります。

私が行った店舗では子供向けの雑誌や料理、もちろんキッズルームも完備している店舗でした。

またカラオケは完全個室な為、子どもの騒ぎ声なども普段の外食よりも気を使う事がなく
快適に過ごす事が出来ました。

子連れカラオケの注意点

部屋もメニューも充実しているカラオケは良い事ばかりに感じますが、気をつけなければいけない点も存在します。

耳への影響

一番気になるのは耳への影響なのではないでしょうか?

通常、気にせず大人が歌っている時の音量はかなり大きいそうです。
音量を小さくする、スピーカーの前に座らせない、
適度な休憩を挟むなどの工夫をする事が大切です。

衛生面

キッズルームにはおもちゃを準備してくれている事がほとんどです。
筆者の娘は現在3才で物を口に入れることはかなり減りましたが、1才ぐらいの子どもは誤飲の危険もあります。

また、汚れの目立つおもちゃもあるかもしれません。

完全に子どもを解き放つ前に、誤飲の危険があるおもちゃは除いたり、汚れたおもちゃがあれば拭くなどすると良いでしょう。

書きたいポイントはこれだ。

ツラツラ~と当たり障りのない事を書いてきましたが、
娘はキッズスペースのおもちゃではなく純粋にカラオケを楽しめていました。

こうなると子連れでのカラオケがより一層楽しめるようになりますよ!

自宅での事前練習

カラオケごっこをしていました。
ただおもちゃのマイクを持って歌うだけなのですが、
実際にカラオケに行って本物のマイクを見ただけでテンションは急上昇。

歌いたい曲を家で聴かせる

「あ、この曲聞いたことある~」
「ぎゃぁぁぁ!アンパンマーん!!!!」
「あ、この曲聞いたことある~」
「きゃぁぁぁ!プリキュアぁああ!」

と聞いたことある曲(母の歌いたい曲)と
娘の好きな曲を織り交ぜていく事で飽きずに時間が過ぎて行きました。

大人でも知ってる曲は「あ、知ってる~」ってなりますよね。

その為には聞くしかありません。
テレビをつけて遊ぶのではなく、好きな音楽をかけて遊んでいると吸収力は抜群です。
(そこまでする必要はないのか・・・?)

ダンスを覚える

現在NHKで放送されている「パプリカ」
筆者の娘は毎朝HNKを見せている為か完璧に踊りこなします。
これが楽しいらしく、大きな画面の前で何度も曲を入れ踊り続けていました。

そして母親はエンドレスに「パプリカ」を歌う事になります・・・。

大切な事は周りの目ではなく子どもの成長具合

小さな子供を連れて行っても大丈夫なようにお店側のサポートは充実してきています。

しかし筆者個人の意見としては
・子どもも純粋にカラオケを楽しめる
・飽きても室内のおもちゃで楽しめる

ここまで来ると子連れカラオケは行きやすくなると思います。

目安としては3才頃が連れて行きやすいのかなと感じました。

一概にこの年齢と決めるのではなく、自分の子どもに合った時期を見極めていくことが大切です。

みなさんもお家でカラオケごっこをして本番もお楽しみください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です